5716789

元スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543670370/

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/12/01(土) 22:19:30.01 ID:CAP_USER9
 西日本一帯で起きた食品公害「カネミ油症」の被害者らが1日、兵庫県高砂市で集会を開いた。被害が表面化してから今年で50年。カネミ油症被害者支援センター(東京都)などが主催し、被害者は今も続く苦しみや、子どもや孫にも症状が現れている実態を訴えた。

 1968年10月に問題が表面化。カネミ倉庫(北九州市)が製造した米ぬか油にポリ塩化ビフェニール(PCB)や猛毒のダイオキシン類が混入し、摂取した人の皮膚や内臓などに疾患が生じた。PCBはカネカ高砂工業所(高砂市)で製造された。

 集会では被害者7人が登壇した。15歳で発症した福岡県大牟田市の女性(65)は「顔が腫れ、寝返りも打てなくなり、死ぬことばかり考えた」。結婚後、直接摂取していない子どもにも皮膚疾患やぜんそくなどの症状が現れたと明かし、「国や企業は次世代の健康被害を受け止め、救済策を早急に考えてほしい」と力を込めた。

 ルポライターの鎌田慧さんも参加し、未認定患者救済の必要性を訴えた。厚生労働省によると、今年3月末時点で認定患者は兵庫県在住者を含め2322人。

神戸新聞NEXT 2018/12/1 20:29
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011868497.shtml

【【カネカ】苦しみ今も「カネミ油症」50年 高砂で実態訴え 】の続きを読む