タグ:アメリカ

    投稿者:peace

    DVqvM2NU0AAuX6w-450x253

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553292031/

    1: みつを ★ 2019/03/23(土) 07:00:31.22 ID:+MGQLGU+9
    https://www.afpbb.com/articles/-/3217143?act=all

    トランプ氏、対北追加制裁を撤回 金委員長への「好意」で
    2019年3月23日 5:29 
    発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 北朝鮮 韓国・北朝鮮 ]

    【3月23日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は22日、米財務省が北朝鮮に対する国際的圧力を強化するために科した制裁を撤回すると発表した。

     トランプ氏はツイッター(Twitter)に「財務省がきょう、現行の対北朝鮮制裁に加え、大規模な追加制裁を発表した。私はきょう、これら追加制裁の撤回を命じた」と投稿した。

     トランプ氏が言及した制裁は、21日に発表された中国企業2社に対する措置を指すとみられる。2社は、国際社会が北朝鮮の核開発を終わらせるために科した制裁の回避を支援したとされる。

     この制裁は、ベトナムの首都ハノイで2月末にトランプ氏と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との会談が物別れに終わった後、北朝鮮に対し初めて圧力をかける措置となっていた。

     サラ・サンダース(Sarah Sanders)米大統領報道官は「トランプ大統領は金委員長に好意を持っており、この制裁が必要だとは考えていない」と説明した。(c)AFP

    【トランプ氏、対北追加制裁を撤回 金委員長への「好意」で】の続きを読む

    投稿者:peace

    s_ice_screenshot_20170210-191403

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543303149/

    1: ばーど ★ 2018/11/27(火) 16:19:09.37 ID:CAP_USER9
    政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」を米国から最大100機追加取得する検討に入った。取得額は1機100億円超で計1兆円以上になる。現在導入予定の42機と合わせて将来的に140機体制に増える見込み。現在のF15の一部を置き換える。

    中国の軍備増強に対抗するとともに、米国装備品の購入拡大を迫るトランプ米大統領に配慮を示す狙いもある。

    12月中旬の防衛計画の大綱(防衛大綱)の閣議決定に合わせて、F35の…

    2018/11/27 11:22日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38215250X21C18A1MM0000/?nf=1

    【最新鋭ステルス戦闘機「F35」 米国から最大100機追加取得 1機100億円超 1兆円以上 トランプ大統領に配慮】の続きを読む

    投稿者:peace

    100914.poverty

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543221213/

    1: スタス ★ 2018/11/26(月) 17:33:33.35 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3195235?cx_part=latest

    キャッシュレス化進む米首都ワシントン、取り残される低所得層
    2018年11月25日 10:00 
    発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

    中略

    ■キャッシュレス化で取り残される人々

     企業は、キャッシュレスで利益を得るが、消費者に隠れた費用負担はあるのだろうか?

     手数料や技術インフラ整備などの費用は、消費者が負担することになるとエンジェル氏は指摘する。これについて同氏は、キャッシュレス決済から取り残される人々への倫理的配慮にも注意が必要と述べる。

     ワシントンので働くブルーカラーの30代男性は、AFPの取材に「クレジットカードを持っていない人を隔離するようなものだ」と述べ、キャッシュレス化について消極的な考えを示した。

     連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board)の統計によると、米人口3億2500万人超のうち、銀行口座を持っていない人は1300万人に上る。また、銀行口座を持ってはいるものの、小切手換金業者や郵便為替などノンバンクのサービスを利用している「アンダーバンク」と形容される人々も全人口の18%を占めている。

     この数値をワシントンのケースに当てはめると、銀行口座を持っていない世帯は3万7000世帯、アンダーバンクでは7万2000世帯となる。小売業がキャッシュレス化されると、首都だけでもこれだけの世帯が取り残されることになるのだ。

     この数値をワシントンのケースに当てはめると、銀行口座を持っていない世帯は3万7000世帯、アンダーバンクでは7万2000世帯となる。小売業がキャッシュレス化されると、首都だけでもこれだけの世帯が取り残されることになるのだ。

     ワシントン市の保険・証券・銀行局のコミッショナー、スティーブン・タイラー(Stephen Taylor)氏は、「残念なことに、銀行口座を持っていない人の多くは貧困層または有色人種だ」と指摘する。

     同氏によると、銀行口座を持たない理由としては、教育不足、金融機関に対する不信感、高額な利用手数料などが考えられるという。同氏は、金融機関とそのサービスを十分に享受できていない共同体とをつなぐプロジェクト「バンク・オン・DC(Bank on DC)」の幹部も務めている。

     地域住民のファーガソンさん(52)は、ワシントンがキャッシュレス化すれば、高齢者や10代の若者、金銭的に余裕がない人が置き去りにされてしまうと懸念を示し、「現金を受け付けないビジネスは、これらの人々の生活の妨げになる。彼らは実物を見ないと、やりくりができない」と述べた。

    ■キャッシュレス化に対する怒り

     お金についての教育を推進するNPO「キャピタル・エリア・アセット・ビルダーズ(Capital Area Asset Builders)」のジョセフ・ライトマン・サンタ・クルーズ(Joseph Leitmann-Santa Cruz)さんは、次のように指摘する。「キャッシュレス化は、『低所得で銀行口座やクレジットカードを持っていない人は、うちのビジネスの客ではない』と言っているようなものだ」

     メリーランド州ボルティモア(Baltimore)近郊にあるビーガン(完全菜食主義者)レストラン、ランド・オブ・クッシュ(Land of Kush)は、一時期キャッシュレス化を試みたが、すぐにやめた。

     レストランのオーナーであるブラウンさんは、昨年に武装した強盗に押し入られたことをきっかけに店をキャッシュレスにしたが、その試みは1週間も続かなかった。

     ブラウンさんは、「ここはアフリカ系アメリカ人向けの店で客層もさまざま。中には、銀行口座を持っていない人もいる」と述べ、「キャッシュレス化に激怒した人も一定数いた。客の3分の1を失う余裕はうちの店にはない」と続けた。

    続きはソースで。

    【【アメリカ】貧困層や識者が憤り「キャッシュレス化は、低所得がゆえにクレカが持てない人に対する隔離政策」】の続きを読む

    投稿者:peace

    20150720125124

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542691663/

    1: プティフランスパン ★ 2018/11/20(火) 14:27:43.98 ID:CAP_USER9
    問題の動画では、女性が「お前らは自分の国に帰れ!」「アメリカに来て居候するんじゃねえ!」と家族に向かって叫んでいる。
    2018/11/18 09:01 Claudia Rosenbaum
    https://www.buzzfeed.com/jp/claudiarosenbaum/-
    https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2018-10/22/16/asset/buzzfeed-prod-web-04/sub-buzz-7109-1540241331-3.png
    Telemundo 44 / Via telemundowashingtondc.com

    先週、1人の白人女性が、バージニア州のレストランで食事をしながらスペイン語を話していた家族を侮辱し、パスポートを見せるよう要求するという事件があった。ネットで瞬く間に拡散した、この事件の一連の動画では、レストランで食事をしているだけの家族が、暴言を浴びせられる様子が撮影されている。

    このバージニア州のロベッツビルのレストラン、アンディーズで10月17日に起こった事件の一部は、グアテマラの女性によって撮影された。この女性はTelemundo 44でこの動画をシェアした。女性は、同じように人種差別で苦しんでいる人たちにも声を上げて欲しいと思い、動画を投稿したと話している。

    この動画では、身元は判明していない1人の女性が、レストランで7歳の子供や他の家族と一緒に食事をし、スペイン語を話していた女性に対して暴言を浴びせている。
    動画では、女性は「お前らは自分の国に帰れ!」「アメリカに来て居候するんじゃねえ!」と家族に向かって叫んでいる。

    その後レストランの外に出ても、この女性は叫び続けている。「お前らみたいなのにはウンザリなんだよ!...汚ねえアメリカの居候共が!」

    ラウドン郡の保安官事務所の広報担当者のクレイグ トロクセル氏は、女性が客ともめているという通報を受け、警官がレストランに向かったと話した。

    「問題の女性は、マネージャーにその場を離れるように求められると、その後は問題を起こしませんでした」とトロクセル氏は話している。今回の事件では誰も逮捕されていない。
    そして月曜日にレストランの従業員が、今回の事件については「現在事態を収拾しようとしている」以外に特にコメントは無い、とBuzzFeed Newsに話してくれた。

    しかしレストランのFacebookの投稿では、レストランは家族を侮辱した女性の言動を非難し、もう店には来てほしくないと語っている。
    「この度はありがとうございました。お客様が二度とアンディーズに来るべきではない人物だということが分かり、感謝しています」とレストランはFacebookに書いている。「今後アンディーズにはお越しいただかなくて結構です」

    【広がる不寛容…飲食店で食事中の家族に白人女性が暴言、動画が拡散 「自分の国に帰れ!汚ねえアメリカの居候どもが!」】の続きを読む

    このページのトップヘ