カテゴリ: 国際情勢

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    シベリアの自然、様々な地形。
    オビ川、エニセイ川、レナ川、バイカル湖。
    シベリアをGoogle Earthで見ていると心が洗われてくるようだ。
    そこで気になっている町がある。

    その名はノヤブリスク。
    こんなシベリア低地のど真ん中にも町があるのか、と意外に思う。
    そしてこんなところに町があっても暮らし向きは厳しいだろう。
    だが、ある案がある。
    エニセイ川とニジニャヤツングースカ川の交点の町トゥルハンスク。
    一帯一路のキーのトボリクスとの道が開けるハンティ・マンシースク。
    なんか聞いたことのあるたぶん港町のナホトカ。
    シベリア鉄道の途上の町アチンスク。
    これらの町と砂漠の砂でできた道で結ばれた町にしたとしたら。
    砂の道はサハラなどから砂を輸入すれば手っ取り早い。
    そしてこのようにする。

    この町で輸出入していいのは木と砂と小麦のみ。
    だがここには自由と富がある。
    ここには税や法律がない完全な自由な空間だ。
    ただ、なんでも無法というわけではなく、シベリアの野生動物に危害を加えてはならない。
    さらにマイナストイチの優遇策も設けよう。
    ここに来たらノーリスクのお金が貸してもらえるように各国が融通する。
    そんなこんなでシベリアの木と砂漠の砂と小麦、そして人の行きかう町。
    とても発展しそうだ。

    例えば日本では団塊の世代、韓国では86世代など、国の発展に寄与してきた人々をここに行きやすいようマイナストイチで貸したとしたら。
    そうやって、かつてシルクロードとして知られた道から中国やインドからもどんどん人が来てもらうようにする。
    いろんな優遇策でリスクのない豊かな暮らしにあこがれる人々に集まってもらう。
    そうやって食っちゃ寝食っちゃ寝の日々を送ってもらうというわけだ。
    特に韓国からは熱い動きが期待できそうだ。

    そんなクマやトラやオオカミと戯れる日々を送ってもらったら、なぜか人類の人口問題も解決するかもしれない。

    GitHub Pagesでまとめているのでご意見ご感想はツイッターまで。

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    最近Google Earthをよく見ている。
    地球とは人類とは何か、というのを思いをはせることができる。
    で、なんでか知らないけど最近はシベリアが気になっている。
    シベリア。
    日本の一部のネットだとシベリアで連想するのはスターリンだったりするが、今後はどうだろう?

    シベリアには木材の供給源があるから何かしら発展する何かはあるのかもしれない。もちろん乱伐とかは良くないけど。
    実際に乱伐によって沼地と化したところもあるらしい。
    そしてサハラ。
    巨大なアフリカ大陸の多くを占める不毛な土地。
    近年ではこのサハラが広がっているらしい。
    進行する砂漠化。
    これを止めるすべはあるのか…。
    そして、思いついた。
    シベリアの木とサハラの砂を交換するのはどうか、と。
    どういうことかというとシベリアの特に西シベリア低地は砂が足りない。
    で、サハラは木が足りないわけだ。
    これらを交換すればお互いウィンウィンのシナジーになるのではないだろうか。
    そして、これを小麦でつなぐ。
    双方の土地ではもちろん食料もあまりとれないのだから、近くの小麦がとれる地域が加わる。
    農地には砂も木も必要となることはありそうだ。
    木と砂と小麦の三角交易。
    現代の科学をもってすれば可能じゃないかな。

    投稿者:peace

    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4943223005092019000001-PN1-2

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1567624397/

    1: 風吹けば名無し 2019/09/05(木) 04:13:17.08 ID:JrfFMdMk0
    現在ジョンソン首相が解散総選挙を提案してる模様

    【【悲報】イギリスさん、EU離脱するのかしないのかでまだ揉めてる】の続きを読む

    投稿者:peace

    AS20190822004050_comm

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566258508/

    1: 風吹けば名無し 2019/08/20(火) 08:48:28.19 ID:rWXFIzqea
    日本の新聞も警官の目にレーザー当てたとか暴行したとか、中国寄りのニュースばかり

    【中国の情報操作えげつなくないか?香港のデモを"暴徒"として取り上げてる】の続きを読む

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    最近は日韓の間で諍いが多い。
    不買運動だ断交だなんだのと。
    でも、個人的にはあまり気になっていない。

    今後日本で主要産業となるであろうインバウンド業界的には一過性の出来事が起きているに過ぎない。
    訪日韓国人は今後も日本のインバウンド業界の将来を明るいものとする重要因子であり続ける。
    いずれインバウンド業界の声が日本でも韓国でも大きくなっていく。
    だから、長期的には大したものではない。
    でも問題はマスコミの怠慢だ。

    というのも韓国の世論調査はとても回答率が低い。
    2019年07月16日10時08分付中央日報日本語版の記事から引用する。

    文大統領の支持率、再び40%台に下落…民主・韓国の格差も縮小

     今回の世論調査は標本誤差は95%信頼水準で±2.0%ポイント、回答率は4.3%だ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認することができる。

     だそうだ。
     この世論調査に一体何の価値があるのだろうか。
     日本の場合だと40パーセント前後ぐらいらしい。これでも信用できるかどうかは人によって違うだろう。
     それが10パーセントにも満たない場合。
     それはもう取り上げるべきではないと思う。
     そしてたいていの韓国の世論調査はそんなものなのだ。

     そして問題なのは日韓のマスコミがこれを問題視しないことだ。
     韓国のマスコミは煽れればなんでもいいというところがあるのでいまさら驚きもないが、日本のマスコミは一体何をやっているのだろう。
     気づいていて知らんふりでも、ただ本当に気づかないだけなのも、いずれも怠慢に過ぎる。

     俺の予想では気づいていて後でその問題点を報じるつもりなのではないかと思っている。
     というのも、今の問題はいずれ解決する確率が高い。しかも日本の世論調査では回答率を併記することが多いし、韓国マスコミの日本語版はいくつかある。
     実態が把握できないはずがないのだ。
     それを逆手に取て今のうちに煽るだけ煽って、あとで実はこうでしたと言うつもりだと考えるのが自然に感じる。

     まあそれは予想に過ぎないが、いずれ分かるときは来るだろう。でも、どうであれ度し難き怠慢があるのは変わらない。

     日韓の問題で不愉快な点があるとすればそのくらいだ。

    このページのトップヘ