カテゴリ: ナンダカフラリのポエム

    投稿者:ナンダカフラリ

    例えばこのMVは沖縄で撮られたものだ。


    【ポエム:艦これとKPOPアイドルとコスプレ】の続きを読む

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    ニコ動で興味のある動画を探してみようと何か月前に「いまさらながらアカウントをつくる」ということをしたのだが、KAZUYAに耐えられなかったので退会した。で、あまり活用してなかったyoutubeに転載元の動画があるのでそれらをここ数日まとめたりしていた。で、いつでも見る用にプレイリストを作ってそこにいくつかまとめて、ストレスなく鑑賞中というわけだ。で、そこでいいのがあったのでご紹介。
    それがWorld War II on All Fronts: Every Dayだ。


    これはとても出来がいい。特にネトウヨ史観だと近くの偏った状況しか見えてこないが、こうして世界全体で見ると特に最終盤、6分過ぎからの怒涛の展開は見ものだなと思う。

    日本人でなければ。うん、ネトウヨさんがみないみないばーする気持ちも分からんでもない。それとフィンランドは無視していいと思う、たぶん。 で、こういう動画が他の戦争でもあるとおもしろいと思うし、実はあれでこういう動画があったらどうかなと思うものがある。
    それが世界史的には壬申戦争というか中世朝鮮戦争とでも言えばいいのか、要するに日本いわくいわゆる朝鮮出兵だ。
    ネトウヨ動画だと勝手な主観や思い込みで語るのが多くて見ていられない。なので誰か作ってほしいのだが、まあ、正直なところ日本人だと寝耳に水を入れられたネトウヨさんの執拗な横やりが予想されるので全く期待していない。ある程度に客観的に見れる台湾人あたりが誰か作ってくれないかと期待する。そんで他にもこういうのがあったらいいのに、というのをコメントしてくれると嬉しい。このブログ、コメントがほとんどないからあれで。

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    みんなおひさ。

    ピース速報でいうのもなんだけど兵器って物によってはなんか人間の業の象徴みたいのがあって心揺さぶられるものがあるよね。
    ということでディスカバリーチャンネルとかBBCで放送してほしいシリーズのテーマとして「失われた兵器」を取り上げてもらいたい。それで個人的にテーマだと嬉しいやつをピックアップしたよ。
    1. 連弩
      古代の東西の大国、ローマと漢の時代で開発されたそれはマシンガンだったのか
    2. オブシダンソード
      大航海時代の最盛期にアメリカ大陸文明の最先端武器として知られた
    3. 日本刀
      鋼の武器は突き詰めればどこまで行くのか
      あるいはまだ失われていないのか
    4. 亀甲船
      中世末期の東アジアの世界大戦でそれは姿を現した
    5. ドレッドノート型戦艦
      軍拡競争、第一次世界大戦の要因、復活の兆しはあるか
    6. 列車砲
      第一次世界大戦、大量破壊兵器の登場の号砲となった
    7. ツェッペリン飛行船
      第一次世界大戦、ドイツ帝国の脅威のテクノロジーの代表格
      現代はまだこのテクノロジーに追いついていない
    8. 酸素魚雷
      太平洋戦争開始から末期までアメリカ海軍を恐怖の渦に陥れた
    みんなは何がいい?

    番外編

    番外編もみたいなって。

    それは兵器なのか

    1. ムジャヒディン
      信仰はもはや兵器なのか
      かつて超大国として君臨していたソ連を滅ぼした

    失われるべき兵器

    そしてこれが本題ともいえる…つまりなんだかんだ言ってピース速報らしいポエムということだ。
    1. ABC兵器
      なぜまだ失われていないのか
    2. 経済学
      このペテン野郎!
      国まるごとを破壊するならこれ
    3. IT企業
      このペテン野郎!
      ヘイトスピーチとフェイクニュースを拡散させるしか能がない世界の敵

    投稿者:ナンダカフラリ

    この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

    すまない。

    何がというとこの記事は「ピース」速報というブログでのものなのに平和と全く関係ないポエムだ。
    いや、いつもそうだろ、という気持ちは全くその通りだが、こういうのは頃合いを見計らって言っておくと、いざというときの予防線になるだろうという意図があるから…。

    ま、それはともかく、
    今回のアイデアという名のポエムは、少し前に思いつた経済規模を金の質量で測ると物事が見やすくなる、というのだ。
    なぜこんなことを思いついたのかというと、経済規模はだいたいはドルに換算するというのが従来のやり方だった。
    でも正直なところこれは分かりづらい。
    そもそもドル自体に価値の上げ下げがあるのだからあてにならない。
    それに昔のドルがなかった時代の経済規模を測れないという欠点もある。

    そこで、だ。
    金の質量で経済規模を測る方法を提案したい。
    つまり、金の質量が何gかで測る方法だ。
    これのいいところは昔の経済規模も図れるということだ。
    なぜなら金は古今東西、普遍性の高い価値のあるものとして通用しているからだ。
    当時の金の質量単位の価格と国家が費やした通貨量などから計算することは大雑把になるだろうが、可能のはずだ。
    それと、重量ではなく質量なのは高度の高低による誤差をなくすためだ。たいして差は出ないがより正確になる。

    例えば古代、漢とローマという国が同時に存在していたが、経済規模はどうだったのかの比較は金の質量を通すことで達成できる。
    漢は1+e10gでローマは2.2+e9gといった感じだ。+eが何かはググってほしい。
    もちろん具体例として出した数字は何の根拠もないことは注意してほしい。

    これは例えば歴代中国の王朝のそれぞれの経済規模を測ることもできる。
    秦、漢、元、清などはそれぞれどうだったのか?
    秦は4.6+e7gで清は8.2+e17gだった、という風に。

    時代時代、国々の質量単位と通貨での金の価格から、何gが1年で回っていたのかを導き出す。
    今の科学技術をもってすればそれを計算するのは容易なのではないか?
    ということで誰かやってほしい。
    俺はめんどくさいーていうかそんな能力はないーから、ぜひぜひ。

    …ロマンもあるし?

    投稿者:ナンダカフラリ

    巡洋艦インディアナポリス。
    日本ではマイナーだがアメリカではとても有名な船らしい。なぜかというと終戦間際の原爆輸送後に日本の潜水艦によって沈められた船だから、というのが要因のようだ。 【ポエム:巡洋艦インディアナポリスと空母信濃】の続きを読む

    このページのトップヘ