カテゴリ: 社会ニュース

    投稿者:peace

    ぐみおい

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555503139/

    1: サーバル ★ 2019/04/17(水) 21:12:19.08 ID:34vAYRXb9
    業界の盟主に改善を期待したい

     以上3つの問題をクリアした一方で、重大な問題が残った。いわゆる「2年縛り」だ。新プランは従来のプランと同様に契約から2年間の継続利用が前提であり、途中で解約すると税別9500円の契約解除料がかかる。

     2年間の継続利用を前提としないプランもあるが、月1500円高くなる。2年縛りについては総務省などが再三にわたり携帯大手3社に改善を促してきた。要請を踏まえ、ドコモは2019年3月に2年縛りの期間を23カ月へと1カ月短縮した。KDDI(au)とソフトバンクもドコモに追随。いまは3社横並びで「ほぼ2年縛り」を維持している。

     今秋に携帯電話事業に新規参入する楽天は2年縛りを導入しない方向で検討している。三木谷浩史会長兼社長は日経 xTECHの単独取材で「2年間のバンドル(縛り)がある現状を変えたい。顧客が出入り自由な仕組みにしたい」と縛りなしを宣言した。

     KDDI(au)とソフトバンクはドコモの値下げを受けて何らかの対抗策を打ち出すだろうが、縛りの面では「現状維持」にとどまる可能性が極めて高い。ドコモが新料金で「ほぼ2年縛り」の改善にまで踏み切らなかったのが実に残念だ。業界の盟主には令和の時代こそ改善を期待したい。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00139/041600052/?P=2

    【ドコモ、総務省に怒られ2年縛り→23ヶ月に 1ヶ月短縮】の続きを読む

    投稿者:peace

    09dd662d17737e6464e728b7f924a73b_2

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554517662/

    1: 靄々 ★ 2019/04/06(土) 11:27:42.47 ID:LvPcjCOD9
     新天皇の即位に伴い今年のゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)は10連休となるものの、歓迎一色ではない。時給や日給で働く非正規労働者にとっては収入の大幅な減少につながりかねず、「改めて正規雇用との格差を痛感する」との切実な声も。労働組合も企業側に待遇改善を求めている。(末永陽子) 

     「連休で収入が10万円近く減ってしまう。世の中は浮かれているけど、今から憂鬱(ゆううつ)です…」 

     小中学生2人を育てるシングルマザーの女性(42)は、ため息をつく。 

     数年前から兵庫県内のIT関連企業で派遣職員として働く。時給は千~1200円で、労働時間は1日7時間。海外旅行の話題で盛り上がる正規社員の同僚らを横目に、連日求人サイトで短期のアルバイトを探しているという。 

     「子どもたちをどこにも連れて行けずにつらい思いをさせてしまうが、食べていくためには仕方がない」と表情を曇らせる。 

     日本郵政の非正社員らでつくる「郵政産業労働者ユニオン」は3月中旬、神戸市内の郵便局前で非正規の待遇改善を求めた。ストライキも実行し、現場の人手不足や時給引き上げなどを訴えた。 

     参加した40代の男性が務める郵便局は5月2日が出勤日となるため10連休にはならないが、「給料が大幅に減る状況に変わりはない」。10連休は今年限りの特別法によって決まったが、別の40代男性も「月収の3分の1近くがなくなる仲間も多い。月給で働く人を前提にしたような法律は疑問だ」と訴える。 

     旅行サイト大手エクスペディア・ジャパンが昨年秋、「20~50代の社会人経験のある男女」を対象に意識調査を実施したところ、10連休を「うれしい」としたのは54%で、「うれしくない」の46%と回答が分かれた。「うれしくない」の答えは「医師・弁護士・会計士などの専門家」や「主婦・主夫」、「パート・アルバイト」で目立った。 

    街頭で非正規の待遇改善を訴える労働組合員ら=神戸市内 
    https://i.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/img/b_12216364.jpg 

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012216363.shtml 
    2019/4/6 06:15神戸新聞NEXT

    【10連休で非正規は収入減 労組、企業へ待遇改善訴え】の続きを読む

    投稿者:peace

    piipo-kun
    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553943189/

    1: ばーど ★ 2019/03/30(土) 19:53:09.81 ID:8gQ2upJP9
    兵庫県西宮市で、交通違反の取り締まりを受けた男性の処分の無効を求めた訴えが認められました。

    道路標識が見えにくかったのが理由なのですが、この場所では「10ヵ月で95人」が検挙されています。

    【記者リポート】
    「まもなく通行禁止の標識がある場所に差し掛かるのですが…あっありましたね。
    本当に数秒で見えなくなる感じですね」

    西宮市山口町船坂を走る県道82号線。3年前、西宮市に住む50代の男性が、この道を大型バイクで走っていたところ、交通違反の取り締まりを受けました。

    実はこの道路、土曜日と日曜日、祝日に限り、約5キロにわたってバイクの通行を禁止しているのですが…

    【記者リポート】
    「標識が設置してある場所は、ほぼ直角のカーブになっています。あっ、標識ありましたね。ただ、竹の葉でほとんど見えません」

    男性は、「標識が見えづらい」として、処分の取り消しを求めて裁判を起こしました。神戸地裁は、時速40キロで走行した場合、標識を認識できるのは1秒から2秒で、道路交通法に適合していないと指摘し、処分を無効とする判決を言い渡しました。

    この道路は、男性が取り締まりを受けた日でほかに8人が検挙されるなど、3年前の10か月間で、あわせて95人が検挙されていました。

    【近くに住む人】
    「バイクにのせて、走っていた人が捕まったんですよ、そしたら、その人が怒って、どこにそれがあるっておまわりさんを連れて歩いたんですよ。卑怯ですよ」

    【記者リポート】
    「警察も標識が見えづらいことを認識していたのでしょうか。男性を摘発後、このようにカーブの手前に予告標識を設置しました」

    兵庫県警は、「判決内容を検討し、関係機関と協議した上で決めたい」とコメントしています。

    3/28(木) 19:25
    関西テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-19250603-kantelev-l28
    https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg5uXB5lNh3Y2OnZM0WP_Ufg---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20190328-19250603-kantelev-000-thumb.jpg

    【卑怯です!10ヵ月で95人検挙…1~2秒しか見えない「標識」でゴールド免許取り消し…交通違反は「無効」の判決】の続きを読む

    投稿者:peace

    img_7f1f23965a2418cffe412955fcb69a9e93120

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553590176/

    1: nita ★ 2019/03/26(火) 17:49:36.78 ID:nNxBBXx39
    3/26(火) 8:35配信
    Web東奥

     青森県内の小学5年生と中学2年生がいる世帯を対象に県が行った実態調査で、所得が基準以下にとどまるなどの「困窮家庭」が全体の約1割に上ることが25日、明らかになった。子どもを持つ県内家庭の経済的な実態が数値で明確になったのは今回が初めて。子どもの進学や生活などさまざまな面で、一般的な家庭との格差が際立っており、一層の支援の必要性が浮き彫りとなっている。

     調査は、家計が苦しい世帯で生活する子どもたちの支援のため実施。県内の小学5年生と中学2年生の子どもがいる世帯の4分の1に当たる5187世帯(1万374人)が対象となった。昨年11~12月、子どもと保護者に調査票を送った。有効回答数は5割だった。

     調査は▽世帯の可処分所得が低い▽公共料金や家賃などが払えなかったことがある▽経済的理由で子どもの所有物や体験が少ない-の3要素について質問。該当項目の数で「困窮家庭」(二つ以上)、「周辺家庭」(一つ)、「一般家庭」(ゼロ)に分類した。

     その結果、全体のうち困窮家庭は13.2%で、小5世帯で11.6%、中2世帯で14.8%に上った。一般家庭は全体の59.0%、周辺家庭は18.2%。

     困窮家庭では生活面で、過去1年間に金銭的理由で食料品を買えなかった(時々、まれにを含む)と答えた世帯が約7割あった。同様に、子どもを医療機関に受診させる必要性を感じながらもできなかった世帯が約3割あった。

     教育に関しても、困窮家庭の子どもの約2割が大学以上の進学を望んでいるものの、実際に可能だと思っている子どもは約1割にとどまっている。授業の理解度にも差があった。自分の存在を肯定的に捉えている子どもの割合も一般家庭に比べて小さかった。

     また困窮家庭ほど、無料または安価で提供する「子ども食堂」や「学習支援」に関心があるのに利用したことがない割合が高かった。

     県は25日、調査結果を県子どもの貧困対策等推進委員会に報告した。委員長を務める後藤辰也・児童養護施設美光園園長=七戸町=は、困窮家庭の割合について「多い」とした上で「困窮世帯に限らず社会的に弱い立場にある人も含め、本当に支援が必要な所にきちんと届く制度や仕組みが必要だ」と指摘した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000001-webtoo-l02 
    【困窮、食べる物買えない…/小5、中2世帯の13%「困窮家庭」、青森県が初調査/進学や受診に影響も】の続きを読む

    投稿者:peace

    mig (3)

    元スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553345532/

    1: みなみ ★ 2019/03/23(土) 21:52:12.62 ID:HTU1w+WL9
    2019年3月23日 17時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16205300/

    地域に根差したコミュニティだからこそ、町内会トラブルは解決が難しい。青森に住むHさん(30代女性)は、町内会の役員グループに嫌われ、執拗な嫌がらせを受けたのだという。

    Hさんが正論をぶつけても、相手から帰ってくるのは「新参者が言う権利はない」という言葉。業を煮やした彼女は、警察や自治体にトラブルを相談したのだが......。

    「とにかく変わった町内会でした」

    私が以前住んでいたのは、どちらかというと年配の人が中心で、二世帯で暮らす家族が多い地域。そのため、町内会運営の中心は、年配の人々でした。

    役員の方々は結束力がとても強く、少しでも苦情をいうと一気に態度を変えられます。子供のイジメのように特定の人を無視することもよくあって、とにかく変わった町内会でした。

    実際、役員たちの価値観と気分で、ころころとルールが変わるようなことも。そして彼らは、まったく関係ない地域などからの新参者には、とにかく冷たい対応をしていました。私もそういった被害を受けた1人です。

    例えば、雪かきに関するトラブル。自分の家の敷地内に積もった雪が、少しでも隣家の境界をこえると何時であろうと苦情を言われます。しかし、逆に相手側の雪がこちらの敷地内に入ってきたことを告げると、「新参者が言う権利はない」と文句を言われます。

    【これが「町内会いじめ」の実態だ いくら正論で反撃しても...「新参者に権利はない」】の続きを読む

    このページのトップヘ