この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

ふと思い立ってGoogle広告で自分のホームページを宣伝してみようと挑戦してみた。
キーワードは「殺したい」「呪術」「魔術」など、闇のキーワードだ。
こんなキーワードで広告するやつなんて俺一人だろう、なんて思っていたが甘かった。
なんとライバルがたくさんいるのだ。
まあ魔術なら他にもいるだろうとは思っていたがまさか「殺したい」で広告を打つイカれやろーが俺以外にもいるとは予想外だった。
今日はそんな行かれたメンバーを紹介するぜ。
「殺したい」で広告を打っているサイト。何をするつもりだ?

「呪い」で出てくるサイトはこれだ。
 



正直なところ、闇の世界をなめていた。どれもこれもいかれまくってて自分の作ったサイトがちんけに見えている。
くそ、どいつもこいつもトンデモねーパワーを感じやがるぜ。

みんなは安易に闇の世界に近づくのはやめような。