とりあえずMVを紹介。

少女時代2009年のGenie。


ワンダーガールズの2007年のTell Me。

この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

以前KPOPと艦これについてのポエムを書いたことがある。

今回もそれの続きのようなものを書く。今回のテーマは少女時代とワンダーガールズだ。

少女時代はともかくワンダーガールズって何?という人も多いとは思うが、まあとにかく話を進める。
で、まず少女時代。
なんで少女時代と艦これが関係あるのか?というと、実は少女時代は大日本帝国海軍とちょっとだけ関係があったりする。それは以下の記事を読むと分かる。

 なんと当初はアメリカ海軍ぽいコスプレをしておきながらゼロ戦を入れていてトラブルになったらしい。で、後は知名度が低い現韓国軍の軍用機に差し替えたのだとか。
まあ仕方ない面はあるがそのままでも面白かったと思うのだが、アメリカ進出も視野に入れていた時期だったのもあるかもしれないのでそこはまあ仕方ないのだろうか。
アメリカ人のトラウマをえぐっても仕方ないからね。

で、ワンダーガールズ。
実はこのグループ人気があったのにも関わらず一時期はアメリカ進出のためアメリカで活動していたが、あまり成功せずその影響か人気が落ちてしまったらしい。
なんかそういうところが日本の艦娘と相通じるところがあると思う。

ちなみにKARAとかあるけど色々あったしお察しではあるが、とあるメンバーはむしろ雪風とか…、でTWICEは高雄がツウィのポジで、
艦これ高雄
と思ったけど台湾の高雄とは関係がないらしい。でもしゃれでいいかも。

なんでこうやってこういうことを考察しているのかといえば、前から言及しているように私は艦これというゲームがとにかく嫌いなのだ。
年頃の娘に求められるのが男への奉仕のみ。それがとにかく俺にはつまらない。
つらい任務の合間にとうらぶしたりKPOPアイドルのコスプレしてキャッキャウフフしてると想像すればほっとする気持ちになるものだと思うけど、そうは思わない人の方が多いのだろうか。2次元と3次元をまたがって日韓のくだらない政治上の問題を吹き飛ばせたらどんなに、そう彼女たち自身にとっていいことだろうと思う、がしかし。
3次元はクソで2次元はさいこーなんて価値観もあるらしいしそれが主流なのかもしれないが、それが俺には苦痛で特に艦これ周りに関してはどちらもつまらないものにしかなっていない。

そう、俺はつまらないものが嫌いで趣があって面白くてほっとするのが好きなのだ。