この記事はナンダカフラリの個人的な主張でありブログを代表する意見ではありません。

10日で-1%で貸すんだけど。

なんで?と思う人がほとんどだろうけど、これって効率がいい。
例えば100万円をこれで貸すと99万円が返ってくる。
つまり1万円の損なわけだけど、貸すのに条件を付けるとしたら?
例えば今の時代なら情報は金になる。
要するに10日あたり1万円の金額で情報を得るということ。

もちろん貸した金が返ってこない可能性もあるけどその場合は合法的に取り立てができる。
-1%は全然違法じゃないので。
もしかしたら貸す条件が違法になるのかもしれないけど、グレーゾーンだとそうリスクはないのでは。
それに借りる方からすればお得な借金なので踏み倒される可能性も低いのでは?よーしらんけど。

なんでこんなの書くか、というと。
難波金融伝・ミナミの帝王とか立ち読みしてると萬田銀次郎だっけ?こいつ上手く嵌められそうだなーみたいな気持ちになるんだよね。
見せかけだけの気迫でどうにかする頭の悪い人間、て感じで。
ちゃんみだじゃないけど、ああいう人が惨めな醜態さらしてるところが見たいなーとか。

闇金ウシジマくんは知らん。