20180616-12

元スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542537398/

1: 樽悶 ★ 2018/11/18(日) 19:36:38.72 ID:CAP_USER9
研究の成果について報告する篠田副館長(右、鳥取市青谷町で)
https://www.yomiuri.co.jp/photo/20181117/20181117-OYTNI50006-L.jpg
実際にDNA分析をされた青谷上寺地遺跡出土の人骨
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/11/18/20181118k0000e040218000p/8.jpg

 鳥取市青谷町の青谷上寺地遺跡で見つかった弥生時代後期の人骨について、県埋蔵文化財センターや国立科学博物館などが実施しているDNA分析調査の中間報告会が17日、同町の市青谷町総合支所で開かれた。大半の人骨のルーツが大陸からの渡来系だったといい、同博物館の篠田謙一副館長は「日本人の成り立ちを知る重要な手がかりだ」と話す。(河合修平)

 遺跡からはこれまでに約5300点の人骨が出土。調査では、頭蓋骨約40点から微量の骨を削り取り、DNA分析を行っている。報告会では、母から子へ受け継がれるミトコンドリアのDNA配列を分析し、母系の祖先をたどった調査結果を篠田副館長が説明。市民ら約130人が聞き入った。

 篠田副館長によると、九州北部の遺跡から出土した弥生前期の人骨の分析では、在来の縄文系と渡来系の遺伝子が見つかった。当時の人が両方の祖先を持っていたことを示しており、青谷上寺地遺跡の人骨についても、両方の遺伝子が検出されると予想していたという。しかし、今回DNAを抽出した人骨32点のうち、31点が渡来系で、縄文系は1点だけ。DNAの型は29種類に分かれ、血縁関係がほとんどないことも分かった。

 青谷は遺跡の発掘調査から、大陸などとの交易拠点だったと考えられており、分析からも、多くの渡来人が入ってきて、交易で栄えていたことがうかがえるという。また、従来の研究では、稲作の普及や定住生活の広がりに伴って弥生後期には日本人の中に渡来系と縄文系が交ざっていたと考えられていた。しかし、今回の調査結果は定説に当てはまらず、篠田副館長は「これまでの説について発展的に考える契機になる」と述べた。

 共同研究では今後、細胞核のDNAから父系のルーツについても分析する。2019年3月には、鳥取市内で最終的な研究成果を発表する予定で、篠田副館長は「当時の人々がどのように暮らしていたのかを明らかにしていきたい」。報告を聞いた同市の会社員宮川昌樹さん(64)は「青谷でどんな人が暮らし、自分たちのルーツはどこにあるのか、興味をかき立てられた。研究内容に注目したい」と語った。

読売新聞 2018年11月18日
https://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20181117-OYTNT50025.html

 国史跡・青谷上寺地(かみじち)遺跡(鳥取市)で出土した弥生時代の大量の人骨=2世紀ごろ=のDNA分析の中間報告で、人骨の大半は朝鮮半島や中国大陸などからの“渡来系”である可能性が高いことが分かった。分析が進み、日本人の成り立ちの解明につながる成果が期待される。弥生時代の人骨の本格的なDNA分析は全国で初めて。【園部仁史】

 遺跡は弥生時代前期~古墳時代前期に存在した。保存状態の良い、多種多様な出土品や老若男女の人骨が100体以上見つかるなど「地下の弥生博物館」と呼ばれている。

 DNA分析を進めてきた国立科学博物館などは17日、鳥取市内で報告会を開催。同館の篠田謙一副館長は約40の人骨から母系の遺伝情報が分かる「ミトコンドリアDNA」を分析し、32体の塩基配列の特徴を調べることができたと説明した。

 その結果、日本古来の“縄文系”は32体のうち、わずか1体だったといい、出土した人骨のほとんどは新たに大陸から渡ってきた人のものとみられる。さらにその“渡来系”の人骨は少なくとも12のDNAのグループに分けられることから、同遺跡が多様な人の集う交易拠点だったとする従来の説を強く裏付ける結果になった。篠田氏は「父系の遺伝情報もわかる『核ゲノム』の分析を進めることで、日本人のルーツを探りたい」と話した。

 出土した人骨には殺傷痕のあるものも含まれ、戦乱などがあったとされる。弥生時代の日本について記された中国の史料「魏志倭人伝」などには「倭国(わこく)大乱」の記述もあり、人骨を保管する県埋蔵文化財センターの浜田竜彦係長は「『どのような人が殺害されたか』などを知ることで、当時の日本の状況を探る手がかりになるかもしれない」と期待する。

 次回の報告会は、来年3月に予定。

毎日新聞 2018年11月18日 14時42分
https://mainichi.jp/articles/20181118/k00/00e/040/221000c

6: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:38:54.59 ID:Y0q+BdOy0
渡来の末裔ネトウヨ怒りの祖霊批判!

9: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:39:39.40 ID:xQUIDsCn0
ミトコンドリアDNAで完全な縄文系はM7aとN9bぐらいしかないけどな

14: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:41:53.03 ID:yTfsi8760
秦氏から加速したんじゃねえのかよ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

20: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:43:18.62 ID:6YEdNkuj0
>さらにその“渡来系”の人骨は少なくとも12のDNAのグループに分けられる
面白そう

27: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:44:44.41 ID:xcQ0chKL0
>>1
元々、西日本にはあんまり人が住んでなかったんじゃないの
Ctf9j94

32: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:48:20.80 ID:qU+oIgwP0
>>27
縄文末期には西日本は1万人ぐらいしか住んでない

弥生人は無人の原野に入植してきた開拓者
ほとんどは朝鮮半島南部の農民

36: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:50:45.45 ID:HDnrousr0
>>27
鬼界カルデラの噴火の後だろうが縄文晩期には稲作と鉄器が九州に入って来てる

日本国内で見つかった最も古い鉄器は、縄文時代晩期の
九州の田遺跡の住居址から出土した板状鉄斧
鉄器と稲作農耕の始まった時期が同時期

41: 通りすがりの一言主 2018/11/18(日) 19:53:18.32 ID:8UCILBRR0
>>27
南九州の海底火山が大爆発したから東北のほうに逃げたんだよ。
その一部は南米にも行ったと言われる。
その後、弥生系が入って来たんだろ。

53: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:56:10.20 ID:98GhEUFW0
>>41
横だが
年代も見ような

92: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:10:58.56 ID:mytBZ7Jj0
>>27
マジかよ
四国とか出会いが無さすぎじゃね?

122: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:19:47.42 ID:GkT730ZZ0
>>27
中国地方が少ないのは山のせい?

185: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:38:34.35 ID:xcQ0chKL0
>>122
照葉樹林帯→食用にできる木の実が少ない
落葉樹林帯→食用にできる木の実が多い

西日本は照葉樹林帯なので多くの人が暮らすのは難しい

206: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:45:27.31 ID:GkT730ZZ0
>>185
へえ!おもしろーい!

29: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:46:03.99 ID:lPNLRtEk0
邪馬台国が日本(ヤマト)の祖である事実はいつになったらわかるのか

31: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:47:06.16 ID:98GhEUFW0
>>29
事実じゃないとしたら?

33: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:49:09.73 ID:OA1XR+Dq0
結局アフリカのサルだし
だから何だって話だな

34: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:49:30.63 ID:cW6xXtRb0
後漢末期に北方で袁氏に敗れた公孫氏が日本に逃れてきたのと、呉地方で孫氏の
侵攻から避難してきたのが弥生人のルーツ

43: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:53:27.69 ID:TjfH1HSV0
んでYAP染色体ってのはなんなの?
宇宙人とかユダヤとかとんでも説抜きでマトモな説明できる人いる?

44: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:53:33.97 ID:4FYs/WW30
これでわかったろ?我ら日本人には朝鮮の血が混じってるし朝鮮人には日本人の血が混じってる。

互いに遠い家族親戚なのだよ。

45: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:53:57.09 ID:xZX5ohhw0
まあ、縄文人と弥生人の


愛の結晶であることは間違いない


恥ずかしい事言わせんなよw

47: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:54:42.00 ID:98GhEUFW0
いつも中韓を一括りにするネトウヨが
稲作の話題のときだけ中国起源で納得しているのは合点がいかない

54: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:56:13.40 ID:PTHY1hVX0
まぁ、俺らのご先祖様は、お隣の中韓だった訳で

58: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:57:14.25 ID:jGM8jtnG0
我々の祖父たちは何のために死んだのか

59: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:57:32.00 ID:TjfH1HSV0
でも世界地図を見るとさ、アラビア半島が昔はアフリカにピッタリくっついていたってのは
パズルみたいで見てすぐに分かるけど、日本列島は違うよネ
位置は近いが日本列島が朝鮮半島にくっついていたとは思えない
どちらかというとロシアとアラスカの間からペテロパブロスクの辺りまでに2か所
北海道がハマって本州のバナナのようなカーブが朝鮮半島や中国より自然とハマりそうな箇所がある
クリル列島がずっと尾を引くようにロシアの方と繋がっているのも
日本列島が大昔はロシアの東側にくっついていたのではないかと自分は思う

97: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:12:15.56 ID:TjfH1HSV0
>>59で言った説と絡んで来るけど
もし日本列島がロシアの東側とアラスカやアメリカ大陸の間にあって陸続きだったら
アメリカの先住民が日本人に似ているのも納得できる

エスキモーとかも日本人にそっくりな人いるよね

103: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:14:28.20 ID:nLnE40330
>>97
欧米系のコーカソイドとアイヌや縄文人は遺伝子的に共通点があるとのこと

113: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:16:33.07 ID:qU+oIgwP0
>>103
縄文人は古いモンゴロイド
コーカソイド関係ない

121: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:19:15.06 ID:eAQl4jjf0
>>113
いや、モンゴロイドとコーカソイドが別れた直後かその前に枝分かれした可能性が高いから
新モンゴロイドと遠くてアフリカ人寄りという事だろうな

104: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:14:38.40 ID:98GhEUFW0
>>97
氷河期って知らない?

107: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:15:22.67 ID:6YWxOFn80
>>104
あの時は寒かったな。

111: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:16:27.43 ID:TjfH1HSV0
>>104
知ってるよ
でも詳しく説明して
アメリカ大陸から日本まで氷の上を歩いて来たとでも言いたいの?

124: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:20:02.53 ID:98GhEUFW0
>>111
氷河期って、氷に覆われてたとでも?

62: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 19:59:11.69 ID:rTsMvfnI0
縄文遺跡の9割は東日本に存在して原住者は東に偏っていたから、
鳥取あたりでは渡来人の人骨しか出ないだろう

68: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:01:24.81 ID:2xu7kyrJO
ふむ?すると縄文人はアイヌなのか?それとも滅ぼされたのか?

72: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:03:30.63 ID:rwrPrw2z0
>>68
滅ぼされたってのがどういう意味なのか
だな
アイヌは縄文と≒な感じだな

70: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:03:00.93 ID:YLJzdrws0
ってことは東北の耳糞ぐちゃぐちゃの縄文人の俺が唯一無二の真の日本人か

79: 通りすがりの一言主 2018/11/18(日) 20:06:07.20 ID:8UCILBRR0
縄文人もどっかから来たんだろ?

81: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:07:50.39 ID:rGHs7UG10
胸毛が無い奴は縄文人じゃ無いね

82: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:08:11.51 ID:bfZDYpYZ0
そもそも現代韓国人の50%と現代日本人の50%は同一種族だって話だし
O2もしくはO1b2っていうんだってさ

90: 名無しさん@1周年 2018/11/18(日) 20:10:32.48 ID:ImC6hZQR0
人口700万の奈良時代、最も人口密度が高い地域で今の飛騨地方くらい。後はもっと閑散としている。
戦って滅ぼす動機がない。
混血が進ま無いのもあたりまえ